インターネットからの問い合わせ件数 10件/月
販売台数 3台/月(成約率30%)
1台の粗利 60万円(粗利率20%)*
月間売上 900万円*
月間粗利  180万円*
年間目標 1億800万円(粗利2,160万円)*

 

【緊急提言】

 

ファンズカープロショップのビジネスモデル

 

 

ファンズカープロショップは当社代表の森本が2006年に提唱した「差別化3ステップ法」により誕生しました。

 

差別化3ステップ法とは
@ 捨てる
A 正反対に置き換える
B それを支えるものを加える
という3つのステップで圧倒的に顧客に支持される、差別化された商品やサービスを創出することができる実証済のメソッド

 

なぜ差別化は必要か?

 

差別化はなぜ必要なのでしょうか?
それはお客さまに自分体の商品やサービスを選んでいただくためです。

 

お客さまは「差」のない商品やサービスを選べません。従って「差」がない商品やサービスの場合は1円でも安い店、1メートルでも近い店、1台でもたくさん在庫のある店、1平方メートルでも広い店から車を購入します。

 

それでも売れれば問題がないとお考えになるかもしれませんが、こうした戦略では利益は出ません。またライバルとの競争は永遠に続きます。

 

反対に差別化をすればお客さまはあなたの商品やサービスを確信をもって選ぶことができるようになります。

 

コアなファンが抱える不満

 

ファンズカープロショップのターゲットは生産が終了した旧型車のコアなファンです。
ライバルは中古車販売会社、グーネットやカーセンサーなどです。

 

しかし、ターゲットはこれまでの店に大きな不満をもっています。

 

ファンはかつて自分が憧れていた車が、市場ではもうボロボロの状態のものしかないことを知ります。せいぜい「程度がいい」車しか売っていません。それでは満足できません。憧れていた時と同じピカピカの車がほしいのです。どのお店のスタッフもそんな想いなどまったく理解してくれません。そして、どの店も憧れの車に対して、愛情のない取り扱いしかしていないことに悲しい気持ちになっています。

 

ファンズカープロショップはこうしたファンから選ばれます。

 

なぜか?

 

それはファンズカープロショップが唯一、自分の夢を叶えてくれる店だからです。

 

ファンズカープロショップが捨てたもの

 

ファンズカープロショップが捨てたものは「在庫を並べて売る」ことです。

 

ファンズカープロショップは、
@ 在庫を並べて売ることを捨てました。
A 正反対に置き換えたのはホームページに究極の1台を掲載し「これが欲しい」とファンに思わせることでした。
B それを支えるものはファンの夢を叶えるために実施する全塗装、内装分解フルクリーニング、部品交換、過剰なまでの整備です。

 

これでファンの心の中に思い描いた理想の1台を販売する唯一の店という差別化が完成したのです。

 

ちなみに「そんなことまでして利益が出るのか?」とお考えになるかもしれません。

 

ファンは価格を重視しません。自分にとって価値のある商品には、それなりの金額を支払うのが当然だと考えているのです。

 

ファンズカープロショップは安売りはしません。だから利益を出すことができます。

 

「在庫を持たずにファンの依頼に基づき理想の1台を創って全国どこにでも届ける」
ファンズカープロショップはこれまでの中古車販売とも、店舗型の専門店ともまったく別物の差別化されたビジネスモデルなのです。
誰とも競争をせずにお客さまから感謝されながらビジネスを継続することができます。

 

これまでに手掛けたファンズカープロショップは確実に成果を出し続けています。すでに10年以上も稼ぎ続けています。
差別化を軸としたファンズカープロショップのビジネスモデルの有効性は実績が証明しています。

 

疑問はたくさんあると思います。ぜひ疑問があれば下記からお問合せください。

 

 

関連書籍

 

当社代表の森本尚樹の著書。いずれも差別化創出3ステップ法に言及されています。

 

→次は「ファンズカープロショップの販売プロセス」

 

 

ファンズカープロショップのビジネスモデル

 

 

 

今までにありそうでなかったビジネスモデル

 

ホームページで集客を行い全国のファンに向けて販売を行います。
店舗も在庫も持たず、お客さまからの依頼をもとに、オークションで仕入れた車をお客さまの理想の1台に仕上げて販売する新しいビジネスモデルです。安売りをする必要がありませんので十分な利益を獲得することができます。あらゆる面でこれまでの店舗型の専門店とはまったく別物のビジネスです。

 

ターゲットはマニアではなくファン

 

ターゲットはその車種のファンです。
ファンは安い車ではなく、自分の理想の車を探しています。マニアのようにカスタムは望んでいません。だから専門店といっても高度な技術は不要です。必要なのはそんなファンのために心をこめて販売するだけです。

 

→次は「ファンズカープロショップの差別化戦略」です。

 

新型コロナウィスルによりビジネスのありかたはこれから急速に変わります。店舗型から無店舗型へ、リアル型からネット型へ、価格から価値へと。自動車業界もこの変化に対応しなくては生き残ることはできません。

 

私たちが提案するのは旧型車の無店舗・無在庫・高額のネット販売ビジネスです。ウイズコロナ・アフターコロナの新事業をお探しなら、小リスクではじめられるファンズカープロショップの加盟をぜひご検討ください。

 

 

 

ファンズカープロショップとは

 

ファンズカープロショップはコアなファンがいる旧型車をインターネットで全国に販売する無店舗型のファン向けの専門店です。
10年を超える実績と、さまざまな車種での成功実績があります。
ファンズカープロショップはこれまでの中古車販売とも、店舗型の専門店ともまったく別物の差別化されたビジネスです。