ファンズカープロショップに懸ける想い

 

自動車産業はこれからさらに厳しい時代になることが予測されていました。そのような状況の中、新型コロナウィルスにより、今、経済全体が想像を絶する打撃を受けています。

 

しかし通販ビジネスはこの状況下で大きく伸長し、企業ではテレワークが急速に普及しました。

 

2020年世界は変わりました。

 

これからは店舗型から、インターネット型へビジネスが急転換します。そして事実、現時点ではファンズカープロショップ各店はこの緊急事態のさなかでさえ、問合せ数を伸ばしています。もちろんこの先はまだ分かりません。

 

ファンズカープロショップは異業種のフランチャイズ加盟や、大手コンサルティング会社が業界に行っている提案よりも、小さなリスクで、異業種ではなく車に関連したインターネット事業を新事業としてスタートさせることができます。もちろん努力無しには成功はしませんが、このビジネスモデルは車が好きで、本気で取り組める方であれば大きなビジネスチャンスがあります。

 

私はこのビジネスモデルを約12年前に考案しました。そしてその当時、私を信じてこのビジネスに参入していただいた中古車販売会社は、すでに10年以上も変わらず成果を出し続けていただいています。決して流行のインターネットビジネスをマネしただけのものではありません。

 

私はこのビジネスを愛し、そしてこれからも大切に育てていきたいと思っています。

 

今回、新事業で現状を打破したいとお考えの方の加盟を募集することにしました。
ぜひ一緒に新たなファンズカープロショップを立ち上げれることを夢見ています。

 

ファンズカープロショップ事業部

チーフマーケティングインストラクター

斉藤 一郎

 

斉藤 一郎(さいとう いちろう)
神奈川県横浜市出身。武蔵工業大学 工学部 経営工学科卒業後、日本の大手コンサルティング会社、外資系ファームを経てエルブレーントラスト株式会社入社、シニアコンサルタントに就任。
中古車販売会社の売上向上に取組み、新たに継続的に売上を上げていく仕組みづくりに成功している。インターネットと実店舗におけるマーケティング、営業プロフェッショナルとしても経験豊富なのが強み。企画(マーケティング)と現場(セールス)から高額商品の販売を得意とする。


日刊自動車新聞 2013年11月8日(金曜日)掲載記事

日刊自動車新聞 2013年11月13日(水曜日)掲載記事